環境分析〜飲料水検査
解 説
テクノサイエンスでは、水道法の水質基準項目だけでなく、水道用薬品類に含まれる臭素酸・塩素酸・ウラン等、表の全項目の試験も行えます。
測定分析項目
 水質基準及び検査項目(平成23年2月1日更新)
項番
項   目
基  準  値
1
一般細菌
1mlの検水で形成される集落数が100以下であること
2
大腸菌
検出されないこと
3
カドミウム及びその化合物
0.01mg/l以下であること
4
水銀及びその化合物
0.0005mg/l以下であること
5
セレン及びその化合物
0.01mg/l以下であること
6
鉛及びその化合物  
0.01mg/l以下であること
7
ヒ素及びその化合物
0.01mg/l以下であること
8
六価クロム化合物
0.05mg/l以下であること
9
シアン化物イオン及び塩化シアン
0.01mg/l以下であること
10
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
10mg/l以下であること
11
フッ素及びその化合物
0.8mg/l以下であること
12
ホウ素及びその化合物 1.0mg/l以下であること
13
四塩化炭素 0.002mg/l以下であること
14
1,4-ジオキサン 0.05mg/l以下であること
15
シス-1,2-ジクロロエチレンおよびトランス-1,2-ジクロロエチレン
0.04mg/l以下であること
16
ジクロロメタン
0.02mg/l以下であること
17
テトラクロロエチレン
0.01mg/l以下であること
18
トリクロロエチレン
0.03mg/l以下であること
19
ベンゼン
0.01mg/l以下であること
 
塩素酸
0.6mg/l以下であること
20
クロロ酢酸 0.02mg/l以下であること
21
クロロホルム
0.06mg/l以下であること
22
ジクロロ酢酸
0.04mg/l以下であること
23
ジブロモクロロメタン
0.1mg/l以下であること
24
臭素酸 0.01mg/l以下であること
25
総トリハロメタン
0.1mg/l以下であること
26
トリクロロ酢酸 0.2mg/l以下であること
27
ブロモジクロロメタン 0.03mg/l以下であること
28
ブロモホルム
0.09mg/l以下であること
29
ホルムアルデヒド 0.08mg/l以下であること
30
亜鉛及びその化合物
1.0mg/l以下であること
31
アルミニウム及びその化合物 0.2mg/l以下であること
32
及びその化合物
0.3mg/l以下であること
33
銅及びその化合物
1.0mg/l以下であること
34
ナトリウム及びその化合物
200mg/l以下であること
35
マンガン及びその化合物
0.05mg/l以下であること
36
塩化物イオン
200mg/l以下であること
37
カルシウム,マグネシウム等(硬度)
300mg/l以下であること
38
蒸発残留物
500mg/l以下であること
39
陰イオン界面活性剤
0.2mg/l以下であること
40
ジェオスミン 0.00001mg/l以下であること
41
2-メチルイソボルネオール 0.00001mg/l以下であること
42
非イオン界面活性剤 0.02mg/l以下であること
43
フェノール類
フェノールとして0.005mg/l以下であること
44
有機物等(TOC)
3mg/l以下であること
45
pH
5.8以上8.6以下であること
46
異常でないこと
47
臭気
異常でないこと
48
色度
5度以下であること
49
濁度
2度以下であること
水質管理目標設定項目(平成23年2月1日更新)
項番
項   目
目  標  値
1
アンチモン及びその化合物 0.015mg/l以下
2
ウラン及びその化合物 0.002mg/l以下(暫定)
3
ニッケル及びその化合物 0.01mg/l以下(暫定)
4
亜硝酸態窒素 0.05mg/l以下(暫定)
5
1,2-ジクロロエタン 0.004mg/l以下
6
1,1,2-トリクロロエタン 0.006mg/l以下
7
トルエン 0.2mg/l以下 
8
フタル酸ジ(2-エチルヘキシル) 0.1mg/l以下
9
亜塩素酸 0.6mg/l以下
10
二酸化塩素 0.6mg/l以下
11
ジクロロアセトニトリル 0.01mg/l以下(暫定)
12
抱水クロラール 0.02mg/l以下(暫定)
13
農薬類 検出値と目標値の比の和として1以下
14
残留塩素 1mg/l以下
15
カルシウム、マグネシウム等(硬度) 10mg/l以上100mg/l以下
16
マンガン及びその化合物 0.01mg/l以下
17
遊離炭酸 20mg/l以下
18
1,1,1-トリクロロエタン 0.3mg/l以下
19
メチル-t-ブチルエーテル 0.02mg/l以下 
20
有機物等
(過マンガン酸カリウム消費量)
3mg/l以下
21
臭気強度(TON) 3以下
22
蒸発残留物 30mg/l以上200mg/l以下
23
濁度 1度以下
24
pH 7.5程度
25
腐食性(ランゲリア指数) -1程度以上とし、極力0に近づける
26
従属栄養細菌
1mlの検水で形成される集落数が2,000以下(暫定)
27
1,1-ジクロロエチレン
0.1mg/L以下
28
アルミニウム及びその化合物
アルミニウムの量に関して、0.1mg/L以下

◆表 水道用薬品の評価項目と評価基準
番号 評 価 項 目 評価基準値
(下記の数値以下であること)
カドミウム及びその化合物 0.001mg/l
水銀及びその化合物 0.00005mg/l
セレン及びその化合物 0.001mg/l
鉛及びその化合物 0.001mg/l
砒素及びその化合物 0.001mg/l
六価クロム化合物 0.005mg/l
シアン化物イオン及び塩化シアン 0.001mg/l
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 1mg/l
ほう素及びその化合物 0.1mg/l
10 四塩化炭素 0.0002 mg/l
11 1,4-ジオキサン 0.005mg/l
12 1,2-ジクロロエタン 0.0004mg/l
13 1,1-ジクロロエチレン 0.002mg/l
14 シス-1,2-ジクロロエチレン 0.004mg/l
15 ジクロロメタン 0.002mg/l
16 テトラクロロエチレン 0.001mg/l
17 1,1,2-トリクロロエタン 0.0006mg/l
18 トリクロロエチレン 0.003mg/l
19 ベンゼン 0.001mg/l
20 臭素酸 0.005mg/l
21 亜鉛及びその化合物 0.1mg/l
22 鉄及びその化合物 0.03mg/l
23 銅及びその化合物 0.1mg/l
24 マンガン及びその化合物 0.005mg/l
25 陰イオン界面活性剤 0.02mg/l
26 非イオン界面活性剤 0.005mg/l
27 フェノール類 0.0005mg/l
28 有機物(全有機炭素(TOC)の量) 0.5mg/l
29 異常でないこと
30 臭気 異常でないこと
31 色度 0.5度以下
32 ニッケル及びその化合物 0.001mg/l
33 アンチモン及びその化合物 0.0015mg/l
34 モリブデン及びその化合物 0.007mg/l
35 ウラン及びその化合物 0.0002mg/l
36 バリウム及びその化合物 0.07mg/l
37 銀及びその化合物 0.01mg/l
38 アクリルアミド 0.00005mg/l
39 二酸化塩素 0.6mg/l
40 亜塩素酸 0.6mg/l
41 塩素酸 0.6mg/l
 
飲用井戸水 水質検査項目
検査項目 単位 水質基準 備考
塩素イオン mg/L 200以下 味覚
有機物等 mg/L 5以下
mg/L 1.0以下
mg/L 0.3以下
マンガン mg/L 0.05以下
亜鉛 mg/L 1.0以下
ナトリウム mg/L 200以下 味覚
カルシュウム・マグネシュウム等 mg/L 300以下
蒸発残留物 mg/L 500以下
フェノール類 mg/L 0.005以下 臭い
1,1,1-トリクロロエタン mg/L 0.3以下
陰イオン界面活性剤 mg/L 0.2以下 発泡
PH値 - 5.8〜8.6 基礎性状
臭気 異常でない
異常でない
色度 5以下
濁度 2以下
一般細菌 個/ml 100以下 病原生物
大腸菌群 定性 不検されないこと
硝酸性および亜硝酸性窒素 mg/L
10以下 有機物質
トリクロロエチレン
mg/L 0.03以下
テトラクロロエチレン mg/L 0.01以下
 
基準等
水道法
(昭32法177)
建築物における衛生的環境の確保に関する法律〔ビル管理法〕
(昭45法20)