環境分析〜土壌汚染調査分析

解 説

環境調査の一つで、土壌、建設残土、改良土、土壌汚染対策法に基づく汚染土等の溶出・含有量試験です。主に、土壌中の6価クロム、水銀、鉛、カドミュウムによる土 壌汚染状態を分析する場合が多くあります。

現場での採取から、試料を受領、有害物質の分析、土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査、対策提案までトータルな業務受託を行うことが可能です。

測定対象

土壌環境基準項目・地下水環境基準項目(鉛など)の測定
農用地汚染防止法に係る特定有害物質(砒素など)の含有量測定
浚渫に伴い発生する底質の処理・処分等に関する除去基準判断のための有害物  質の測定
建設残土、汚泥の処分方法、処理場受入可否判断のための有害物質(鉛など)の 測定

対象施設

土壌環境基準に基づく土壌分析
建設残土の処分場受入に判断に関する土壌分析
地盤改良に伴う改良土の六価クロム分析
浚渫に伴い発生する底質分析(含む、ダイオキシン類、水銀、PCB汚染底質)
土壌汚染対策法に基づく土壌分析

土壌汚染分析の対象
・工場跡地、農用土壌、埋め立て用土砂など

測定分析項目

土壌汚染分析の対象−有害物質
・ジクロロメタン、四塩化炭素、ジクロロエタンなどの揮発性有機化合物
・カドミウム、シアン化合物、鉛、六価クロム、砒素などの重金属
・チウラム、シマジン、チオベンカルブ、四塩素炭素、1.2ジクロロエタン、1.1ジクロロエチレン、シス1.2ジクロロエチレン、1.3ジクロロプロペン、ジクロロメタン、テトラクロロエチレン、1.1.1トリクロロエタン、1.1.2トリクロロエタン、トリクロロエチレン、ベンゼン、水銀、PCB
ダイオキシン類

基準等

土壌の汚染に係る環境基準(公害対策基本法・環境基本法、H13環告46)
埋立場所に排出しようとする金属等を含む廃棄物に係る判定基準(海洋汚染防止及び海上災害の防止に関する法律施行例、S48総令6)
底質の暫定除去基準(環境庁水質保全局通知、S50環水管119)
底質の処理・処分等に関する指針 (環境省環境管理局水環境部長通知、H14環水管211)
土壌汚染対策法関係(土壌汚染対策法施行規則、H14環令29)
 ・地下水汚染基準(別表1)
 ・指定区域に係る基準(溶出量・含有量基準)(別表2、3)
 ・地下水汚染第2溶出量基準(別表4)
土壌ガス調査に係る採取及び測定の方法(土壌汚染対策法施行規則、H14環令29)
農用地の土壌の汚染防止等に関する法律施行令(S46政令204)